シャツの男性

再建築不可の物件を格安購入|見極め方が重要になる

どちらにも有利な方法で

困る

債務の返済が困難となった場合には競売の流れとならない様に自分でもどの様な方法が有るかを知って置くようにし、もし不明な点があれば競売や任意売却に精通している不動産専門の法律家等へ相談し、これからの生活がし易くなるな方法を取る様にしましょう。

もっと読む

査定をしてもらいましょう

夫婦

東京で不動産売却を検討しているのであれば、まずは所有している不動産を査定してもらうようにしましょう。多くの不動産会社に査定をしてもらう事が必要になりますので、一括査定サービスなどを有効的に利用してみましょう。

もっと読む

活用する方法はあります

工事現場のイラスト

近所同士で連携する

再建築不可の物件とは現在は建物が建ってはいるものの、一旦更地にしてから再度新築で建築する事が不可能な物件の事を言います。理由として一番多いのは、道路に面していないという理由です。特に古い時代に立てられた家には、通路のような細い道にだけ面しているようなものも存在します。このような物件は再建築不可となりますので、リフォームは可能ですが新築する事は困難です。再建築不可物件は日本にはかなりの数が存在し、対策もいくつか考えられてきています。代表的な方法が隣地と連携して一体化することにより再建築不可では無いものにするやり方です。隣地の協力は必要なものの、一番スマートな方法ですので、人口減少が見込まれるこれからの時代では主流になっていく方法と思われます。

売却も可能

再建築不可物件は新築する事は不可能です。仮に地震や火事などで、住む事が難しくなった場合でも立て直す事が出来ません。とはいえ、土地の売却は可能であることは覚えておく必要があります。勿論、再建築不可の土地は安価になる事も多いですが、周辺の土地と一体化する事で縛りから抜ける事も可能です。周辺が更地で、周辺の土地と一体化して活用するような動きがある場合は高値が付く場合もありますので売却のチャンスでもあります。再建築不可の土地と言うだけで売却を諦めて保有し続ける人も多いのが実情です。タイミングもありますが、隣地との協力や業者への売却などで有効活用する方法も存在しますので、再建築不可の土地を保有している方は諦めずに土地を活用する方法を考える事をオススメします。

決断するポイント

マンション

マンション管理会社の良し悪しは、トラブルになった時にどのような対処をしてくれるのかということです。家賃の不払いがあった時はもちろんのことですが、物件の故障箇所を確認できる専門家がいるのか、将来の展望はあるのかを見ておきましょう。

もっと読む