人と家のプレート

再建築不可の物件を格安購入|見極め方が重要になる

どちらにも有利な方法で

困る

多く回収する事が可能

競売は住宅ローンや借金の返済が半年以上滞ると債権者は担保としてる不動産等を裁判所の管轄のもとで売却を行い債務を減らす流れになります。この競売はバブル崩壊後やリーマンショック以後は多かったのですが、最近の流れでは減少傾向にあると言われています。実際は競売になる前に不動産を売却し住宅ローンを返済する任意売却を行う方法が増えて来ているからです。債権者の金融機関も競売を行い、債務が残ったとしても債務者が支払えない状況にある場合には、自己破産となる場合が多く、これではお金の回収が出来なくなる恐れが発生してくるためです。そこで、事前に両社で協議し任意売却を実行し、市場の相場価格で売買を行い残債が残ったとしても、小学になり、返済も可能となるため競売より回収がし易くなるため任意売却が増えています。

自己破産をしなくても良い

競売にするよりも担保としている不動産等を早期に売却し債務返済に充てる任意売却が多くなっています。これは債権者が債務者よりお金を多く回収出来るばかりではなく、債務者にとっても有利な方法と言えます。それは、競売になり自己破産をし数年後にお金を借りたい時やローンを組むことは出来なくなったりしますし、不動産等の場合には裁判所に公告があると一般的な流れでは競落人が物件の下見に来たりしご近所の方に競売になっている事を知られたりする事もあるので、この様な事がない任意売却の方法が選ばれていると思います。この様に任意売却は自分で不動産を売却しその売却代金を返済に充て、お金が無い時でも売却代金から仲介手数料等を差し引く事が出来る流れになっているので、利用する方が増えています。